サイゼリヤ再来年9月までに全店舗を禁煙へ

全国で1000店舗余りを展開するサイゼリヤは、これまで大部分の店舗で、客席を禁煙席と喫煙席に分ける、いわゆる「分煙」を行ってきました。
関係者によりますと、サイゼリヤはこれを改め、再来年9月までにすべての店舗を原則として禁煙にする方針を固めました。

来年2月以降に新規に出店する店舗では喫煙席を設けず、すべて禁煙席とするほか、今ある店舗についても喫煙席をなくす改装工事を行うことにしています。

飲食店の禁煙化をめぐっては、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、厚生労働省が受動喫煙対策を強化する法案で、大手チェーンの飲食店については、原則として建物の中は禁煙とする方向で検討されています。
こうした検討を受けて、サイゼリヤでは、客席の禁煙化には改装などに費用や時間がかかるため、国の規制が正式に決まる前に対応方針を固めたものと見られます。

外食業界では、マクドナルドなどがすでに客席を禁煙としたほか、ケンタッキーフライドチキンもすべての店舗で客席を禁煙にすることを決めています。


引用ーNHKニュース

飲食店の禁煙化問題、最近人気が高まっている加熱式たばこについては、【一定の健康被害が認められている】としている。たまにこれは大丈夫でしょって文句言うお客さん居るけど、ダメなものはダメです。ビーボでは現在全店店内は禁煙、外に灰皿を設置して分煙していますが、それすらも今後どうなっていくかわからない状況ですね。

厚生労働省が受動喫煙防止策として、店舗面積百五十平方メートル以下の飲食店での喫煙を認める新たな案を自民党と調整。もともとは昨年厚労省が示した当初案の「三十平方メートル以下」から大幅に後退する内容。完全禁煙を目指しているのに、妥協した感じが否めませんね。
2017-11-27-17-08-33
2017-11-27-17-10-30
2017-11-27-17-09-02
2017-11-27-17-08-50
2017-11-27-17-07-55