こんにちは、店長です。



はじめに、


私的で乱暴、マナーもへったくれもない内容なので、読まないほうがいいかもしれません。ブログのネタになるわけですから、不謹慎かもしれません。それでも、書かせてもらいます。


ご無礼をお許しください。



















今朝


「〇〇〇、昨日、亡くなったってよ」



という連絡が入りました。




中学の同級生が亡くなりました。

事故死だそうです。

31歳でした。



時間は14時くらいで、ちょうど僕が昨日転倒して、膝から血を流していた瞬間です。なにか関係があるか、わかりませんが、今も血は止まりません。


中学の頃、同じクラスで、そいつと普通に遊び、話していました。少しやんちゃな奴で、よく笑う奴でした。

卒業してからは16年間、1度も会うことはありませんでした。

そいつは、僕も知っている、いわゆる幼馴染の同級生と結婚して子供も授かっていた父です。

奥さんとも中学以来会っていない。2人とも、特別僕と仲が良かったわけではなかったけれど、昔、話してて僕は笑っていたと思います。

行ったところで、なにもできないだろうし、なにも思われないだろうけど、可能であれば、奥さんのとこに、今すぐにでも飛んでいきたい思いました。

なんでしょうね、このやりきれない気持ちは。

同級生の死は初めてです。ずっと風の便りに話は聞いていたけれど、こんな形でまた話を聞くとは思わないですよね。

今朝の連絡に、あの阿呆、と僕は返信しました。いつか、会う前に死んでんじゃねーよと思って。

僕もいつか死ぬわけですが、それはやっぱり明日かもしれないし、誰もわかりませんよね。

毎度、人の死に直面するほど、僕の意思で会っていま話せる人とは、ちゃんと話そうと強く思うのです。


いまビーボに来て、話してくださる人だってそう思います。


いつか帰ったら、会いに行かせてもらいます。普段お店で、自分の意思で飲むことはありませんが、今日くらいはそいつに一杯飲もうと思います。




心からご冥福をお祈りいたします。