こんにちは、店長です。


昔、サッカーの試合中、前半から手を抜いたり、改善点を考えずにだらだらとプレイする、あきらめる人たちを見てきました。

試合って必ず前半と後半がありますよね。たとえ、10−0で負けていても勝っていても関係なく、ギリギリまでチャレンジはできるはずです。

あきらめてしまったものや行為には、誰も惹かれません。自分があきらめたら自分が全部腐っていきます。

こうしたいと思うことを、やめてしまうのは他の誰でもない、自分だけです。タイミングや結果、状況なんて関係ありません。何も暑苦しい精神論を言いたいわけではなく、そう思っていたほうが楽じゃないですか。

自分の中であと20秒でも試合終了していなければ、最後の一瞬までやり続けてみないと始まらないでしょう。この世には「あきらめたらそこで試合終了」という名言があるくらいですから。

僕はやるならやり続けて失敗して納得したいなー。どうせ人生の大半は失敗よ?


Boogie Mann running through
with Tavito Nanao

"Future Running"