こんにちは、店長です。

愚痴や弱音を一切言わない人でした。少しくらい、小言を聞きたかった。いま思い出しても悔しい。この頃から伝えたいことはできるだけストレートにしています。


バックナンバー
【2017年10月10日】

ナイロールの眼鏡をかけた

知的な印象の男性は、

「これ美味しいね、すごく好み」

ザクロ色がかった深いルビー色をグラスの中でまわしながら、余韻に酔いしれている。

ナイロールとはレンズの上にだけフレームのあるタイプのこと。「これ、僕も好きです」と、グラスに注いだボトルをラベルが見えるようカウンターにそっと置く。

年季の入った天然の一枚板。広く、八メートルはあり、一般的なレストランとは異なり、カウンターがメインだ。

男性がお店に通い始め、一年以上だろうか。様々なタイプのワインをお任せで注文する。その中で一番好みだったワインが、

【ガッティナーラ トラヴァリーニ】

【ネッビオーロ】百パーセントでつくられるワイン。北イタリア、ピエモンテ州の一番左端のガッティナーラ地区。

ピエモンテで有名なワインとしてバローロとバルバレスコがあるが、これらも同じ【ネッビオーロ】からつくられる。

これまで提供してきたワインの統計では、女性的なニュアンスのワインが好きみたいだ。

バラの繊細な香りや、胡椒を思わせるスパイシーな香り、柔らかく、絹のようなタンニンとストラクチャー。酸がしっかりあるのに、ここまで心地よくエレガントに飲めるワインはそう多くない。

丁度一年前、十月に男性はこのワインが好きで、現地のワイナリーにまで行ってしまったのだ。後日、大量のワインを買い付けてきた。本当に気に入っているんだろう。




「買ってきたワイン、今度一緒に飲もうよ」

一度、顔だけ出してくれた。

イタリアから帰国後、しばらく男性の来店はなく、久々に十一月の下旬に来店。深夜二十四時頃、カウンターで一人、赤のグラスワインと前菜を召し上がっていた。その日は、仕事が余程忙しいのか、心身共に憔悴しきっている。

「大丈夫ですか?」

「ちょっと忙しいけど、大丈夫だよ」

この人が仕事で愚痴や弱音を吐いたことは一度もない。

いつもシェフがつくる料理とウェイターのお任せワインを楽しみに、嬉しそうに飲んで、食べていた。

「それじゃ、またね」

お店の入り口までお見送り

これが男性の最後の言葉となった。

突然ぱったりとお見えにならなくなり、連絡もつかず、仕事が忙しいんだろうなと、その程度に思っていた。

そして、2017年、1月5日

確か年明け営業初日だったと思う。

その日、

男性の突然の訃報を知ることになった。

数ヶ月後

「予約なしでも大丈夫ですか?」

三名様、御来店

テーブル席に案内すると

「実は…」

ご親族の方々だった

その日は男性がよく食べていたものと、お気に入りだったガッティナーラをボトルで注文。あの子はこういうものを食べて、飲んで、こんなことを感じていたんだ。終始、 団欒していたが、正直見ていてしんどかった。


ウェイターからは男性の人柄や、食事やワインの好みを説明、それ以外の言葉は何一つ出てこない。

何も言えず、無力感しかなかった。





常連のお客様が次の日また来てくれるとは限りません。【飲食店とお客様】この関係を対等に良く保てるよう、誠意を持って一日望んでいます。

予想もしないことが起きる連続で、一日振り返ると後悔することが多く、

あの時、こうしていればよかった。

あの時、こういう言い方だったら。

ショッキングな出来事も頻繁にあります。毎日その繰り返しです。たぶんこれからもずっとそうです。

それと同じように、扱ってきたワインにも一本ずつそれぞれの思い出と、記憶が積み重なっていきます。

ここまで書いてきて何を言いたいのか、自分でも未だ解決できていません。お店に来てくれた人にソムリエとして何ができるのか、できたのか。所詮、人一人にそれほど多くのことはできないと思っています。


globe  Precious Memories