こんにちは。
サトウトシオです。
今日は中野店に入ります。
よろしくお願いいたします。

先日、珍しく社長と2人で話す機会がありました。
その時の雑談を少し紹介します。

■ビーボの存在が孤独者を減らしている
ビーボがあることにより、心の健康を保っている人、心の健康を取り戻した人は多いはずだ、と社長は言いました。

たしかに現場で働いている私も感じることがあります。
最初、一人でいらしてむっつりと押し黙ったまま、誰とも喋らず、独り酒を続けていた方が、だんだんと柔らかい表情になり、陽気にしゃべり、いつしか友達を連れて来店してくださるようになった。
そんな方を何人も知っています。

眉間の縦じわが減り、目尻の笑い皺が増えていくのです。

とても美しい変化です。

話すこと、笑うことで心の健康状態は良くなっていったと思います。

※ビーボのない世界というのは、もう作れないので比較検証はできないんですけどね。
体感としては確実に感じます。

■反面、ビーボで交わされる会話はだんだんと意味の無い内容になっていくはずだ。

今、ビーボはどの店舗でもお客様名簿が作れるほど【 濃い 】常連さんがいらっしゃいます。
ビーボ各店の、あるいは全体の発展に大きく貢献してくださった、貢献してくださっている方たちです。
そういう方たちは名簿が作れるほど密につながり、プロフィールは共有されています。

しかし、いずれこういう関係は希薄になり名前さえ知らないお客さんばかりになるだろう。
交わされる会話は天気や前日のスポーツの勝敗など、あまり意味のない内容になるだろう、と社長は考えています。

これはネガティブなことではなくて、ビーボが日常に溶け込んでいて、より多くのお客さんが毎日訪れることにより、名前もプロフィールも覚える気にならない状況になるということです。

ビーボのルーツであるスペインのバルが、そんな感じなんだそうです。

いつそんな風になるんだろう?
それとも社長の考えとは全く違うビーボになるんでしょうか?

楽しみです。


F01E43B9-3F18-4E56-A4BB-F356F7B3B4D6
画像は
https://in-shoku.info/foodfighters/vol631.html
から拝借しました。


サトウトシオ

--------------------------------------
中野店
淹れたてコーヒーでほっと一息どうぞ☕

ホットコーヒー 400(432)
アイスコーヒー 400(432)
---------------------------------------


【vivo daily stand】

【中野店menu】

【access】

vivo daily stand 中野店
中野区中野3-35-6
tel:03-5888-5476
hours:17時-26時 年中無休