vivo daily stand 中野本店

東京都中野駅徒歩3分!vivo daily stand中野店はフレンチデリとデイリーワイン、エスプレッソやカフェラテを提供するバルです。

カテゴリ: ワイン

こんにちは、店長です。




もうだいぶ外観と香りだけを意識できルようになりましたね??


わかりません??
まだ間に合います!


やりましょ!

僕は夜中の2時まで付き合います!





それでですね、香りが全然わからない、コメント通りの香りが全く拾えないという方々が居ます。この際、よくはないですが、香りは無視。時間無いのにわからんことやっても無駄です。消去法でいきましょう。ブラインドテイスティングなどそもそも消去法でしか答えを導き出せません。


まずは、基本的に

色合い↔香り↔味

これ法則というか、よほど特殊な造り方をしていない限り絶対連動しています。つまーり!!この3つのキワードの中1つでも分析できれば、推理することは容易いはずです。


要は考える最初の糸口、どんな小さいことでもきっかけ探しをするのがテイスティング最初のコツです。トレーニングするしかありません。油断して三連休遊び歩いているようじゃ、落ちても言い訳できませんよ。



全部わかろうとしなくていいんです!


香りわからん人は色見て!

味わからん人は色と香りに頼って!

色も香りも全然わからん人は飲め!



以上のことを踏まえ、総合的に分析し、
結論を出すのがテイスティングの作法です。





全部わからん人は勉強やり直しだよ!

こんばんは!
ユウです!


今夜は中野店にいます!

台風も過ぎてすっかり天気もよくなりましたね!


ですが、暑さも夏のような感じでもなく、秋らしいですね!


外にもテーブルあるので外の風に当たりながらワインいかがですか?


今夜もお待ちしています。

こんにちは、本日中野本店にシフトインします、松尾です。

10602326-A39E-4BE1-AE2F-2B688C3B4E18


本日結構ワイン入れ替えてます。
暑い季節にしみ〜る白やいろんなツボ押さえた赤入ってます!

どれも特徴あって美味しそですね、、


それでは本日も中野本店でお待ちしています。

こんにちは、
本日、中野本店にシフトインします、松尾です。
連休明け+この暑さ、の二本柱がモチベーションを下げ下げな本日ですが、
新しいDELI、丸ごとトマトのマリネや、本日より配信の長野の美味しいワイン(ほんのりミネラル)
など、二本柱に負けない、夏バテにしみる商品多数で本日も迎え撃ちます、宜しくお願いします!
67FB80CF-7ECD-4184-9C66-03ABA5E65C3B

↑見た目涼し気なMUSEほんのりミネラルALL長野madeのすっきり白、お勧めです!
C704B7DF-1F1C-480C-9A75-053D3410498D

新DELIの丸ごとトマト、旨味やばし!

B6746985-7E41-45C8-82AE-274B012456B4

私も家で栄養摂取してきました、最近のマイブーム「ハナマサ」食材、本日鴨です、クルミと焦がし砂糖とビンコット、アクセントにクルミと付け合わせの夏野菜もろもろ
各種お酒でパワー充填です、、

それではお待ちしてます!

blur-1852926_640

こんにちは。

ワインを小馬鹿にしているそこのあなた、まずは型から入りましょう。

誰だってはじめはわかりません。
わからないから、怖いよね。

だからワインなんてって言い方になるよね。まずは、あなたなりの格好をつけてみよう。



一般的なグラスの持ち方
abut-2946939_640


日本では基本的にワイングラスの脚(ステム)を持ちます。


wine-161287_640


本体の(ボウル)部分ではなく、ステムを持つことで、手の温度がワインに伝わることを防いでいます。


ワインはちょっとした温度変化で、良くも悪くも香りや味わいが変化してしまうものです。


わからなくても、ステムを持ってワインを飲んでおけば、とりあえずは支障なく「ワインを飲んでいる人」になれるでしょう。


とは言っても、なんの意識もせずに、大体はステムを持ってワインを飲みますけどね。


指2〜3本で摘むように持ってしまったり、ギュッと握ったりせず、あくまで自然な力加減でステムを持ちましょう。

力むと格好悪いです。


安定重視のグラスの持ち型
omar-medina-films-1612662_640
toast-185865_640


写真のようにボウルを持って飲まれる方もいます。温度とか格好とか、関係ありません。


ワイングラスを割らないため、こぼさないための安全策です。

あなたには、酔っ払いゾンビになってしまい、グラスを割ることが、どのくらい罪が重い事か、わかっていないでしょう?

職人が計算して考え抜いた完璧で美しいワイングラスが、ゾンビによってただの消耗品になる瞬間が。


立食やカジュアルなパーティーに最適な持ち方かもしれません。


海外ではボウルを持つことが多いみたいです。少しワインが冷たい、ボウルを両手で包み込むように持ったりすると、いかにもワイン通である風に見えます。


ドヤ顔で言ってやりましょう。


「うーん、少し冷えすぎているかな」と。


マジなテイスティング時の持ち方
glass-64897_640

こうやって、親指と人差指を軸にしてフットを持ちます。ステムを持つより、ワインの色やアルコールの粘性がよく見えます。


香りを嗅ぐとき、軽くグラスをまわすのですが、こっちのほうが上手く回せる気がします。


「香りを嗅ぐとき、軽くグラスをまわす」これについてはまた後日書こうと思ったり思わなかったり。



以上です。


どのグラスの持ち方が正解とかはありません。その場の雰囲気に合った飲み方をしましょうね。



【シャルドネ】これを書いたのが、少し懐かしくなりました。

↑このページのトップヘ