vivo daily stand 中野本店

東京都中野駅徒歩3分!vivo daily stand中野店はフレンチデリとデイリーワイン、エスプレッソやカフェラテを提供するバルです。

カテゴリ: ワイン

目の前にグラスが置かれる。一瞬目を見開く。少しびっくりしたが、それは気付かれないようにする。

今まで見てきたものとは別の異質な色。白色でもなく、赤色でもない。透明感のある橙色。

ヴィネガーと硫黄、枯葉の香り。口に含むと外見や香りとは裏腹に果実味があり、思いのほかあっさり飲みやすい。

これはなんだろう…どうやったらこのような綺麗な色になるのだろうか。

そう考えていると20代前半だろうか、若いウェイターが気取らず一言、「最近流行りのオレンジワインです」


ソムリエ試験2次試験、お疲れ様でした。本日合格発表でしたね。論述に「オレンジワインについて」が出題されたみたいです。


簡単な説明として


"オレンジワインとは、赤ワインのような白ワイン。 白ブドウを原料に、赤ワインの製法を用いて造られたワインが”オレンジワイン”です。 白ブドウの皮や種も一緒に仕込むことで、皮由来の香りや、通常白ワインにない渋味を伴う複雑な味わいのワインになります"


ここ数年、ワイン業界では少し流行っていました。現在は多く見られるようになり、お店側としてはワインを提案する際、個性的な外観と味わいなので、貴重なアイテムの1つとして扱っています。

経験上、初めから最後まで通して飲むこともでき、白ワインが飲みたいけど少し軽い、けれど赤って感じでもない。

そんな時には、ロゼワインやオレンジワインをお勧めしています。どちらも初めは少しひんやり冷やしていますが、徐々に温度が上がっていくにつれ、白ワインよりも様々な表情が感じ取れます。

今の季節にはちょうどいいかもしれないですね。今日からオレンジワイン知ったかぶりしちゃいましょう。

まずは、新橋店にワイン漫画「神の雫」を凌駕する五月女というテイスターが現れました。ワインをひとくち、次の瞬間……なんと過去に戻ったらしいのです。まるで本当にタイムスリップしてきたかのような表現力。凄まじい素質。モッてますね。


https://goo.gl/So5cXT



そして、もう一人。誰が見てもカッコイイと思ってしまう一枚。クール。ファッション雑誌の表紙。vivoのオフィシャルポスターにしたいですね。東十条店の店長タロウ氏は、内に鬼のような「欲」を秘めています。来年はシニアソムリエを目指しているみたいです。天才的な「タイミング」「絶対の自信を持つ頭脳」「飽くなき向上心」「洋物も和もイける」「勝者のメンタリティ」つまり、モってる男。vivoで今一番旬な人です。


image



そして後ろのお店が目黒店。今週30日(土)祝3周年です。目黒店長は身長187センチのナイスガイケンショーさん。「ナイスガイ」という表現がしっくりきます。この言葉がここまで似合う人もそう居ないでしょう。素敵な男性、モッてます。


image




さあ、今宵も貴方のビーボで一杯。

"ワインを飲む。それはテーブルの上の旅だ。グラスから立ちのぼる香りは、葡萄が育った土地の、太陽と風と土がつくりあげたもの。ゆっくりグラスを傾けると、ワインは私たちを連れていく。緩やかに続くブルゴーニュの黄金の丘へ、地中海が迫るシチリアの葡萄畑へ、白く雪が輝くアンデスの麓の醸造所へ。




ここに、その旅を競技にしたものがある。ブラインドテイスティングという。選手達の前に、謎のワインがある、選手達はグラスを手に取り、旅に出る。最初、その行き先は分からない。色を観察し、様々な香りを嗅ぎとる。ブルーベリー、ブラックベリー、黒胡椒、シナモン。マッシュルームのような複雑な香り。土のにおい。わずかにミントやメンソール……。




そのうちに、選手達は、そのワインを生んだ土地へと呼び寄せられていく。葡萄が育った、太陽と風と土のもとに。数分間の旅から帰り、選手は宣言する。「このワインがつくられたのは、アメリカ、カリフォルニア。ナパヴァレー。葡萄品種は、カベルネ・ソーヴィニョン。ヴィンテージ、ニ〇〇五年」闘う選手達は、ソムリエ。テーブルの上の旅の案内を生業とする人々だ。"





「たたかうソムリエ-世界最優秀ソムリエコンクール」
pp.9-10
著者/編集:角野史比古
出版社:中央公論新社





「うんちくばかりたれるいけ好かない職業」というイメージの方も多いと思います。それでも、必死に勉強して覚えた膨大な知識、もう考えたくない、飲みたくないと思いながら、様々な種類のお酒を飲んだ経験。これら全て、自分の目の前の人達を幸せにするために、精進したひとつのやり方です。



そんなことを頭の片隅に入れて、何処かでワインを飲んでもらえたら、きっと楽しいです。



赤ワインが、より美味しく感じる季節になってきましたね。

もうすぐですね




台風だろうが雨だろうが




楽しいブラインドテイスティングは





できます





vivo daily stand中野店



にて、最終確認しましょう




そういえば、東十条店に



vivo daily stand No. 1 sommelier



兼ブロガーのタロウ先輩が居ます。




なんでも聞いて下さい、きっと全てパーフェクトに華麗に返してくれます。



東十条店もよろしくお願いします。


image


↑このページのトップヘ