vivo daily stand 中野本店

東京都中野駅徒歩3分!vivo daily stand中野店はフレンチデリとデイリーワイン、エスプレッソやカフェラテを提供するバルです。

タグ:中野

中野店長=クシノマヴロ(黒)
代々木店長=コルヴィーナ(黒)
江古田店長=プティ・ヴェルド(黒)
大久保店長=ボバル(黒)
東十条店長=ヴェスパイオーロ(白)
大森店長=ネレッロ・マスカレーゼ(黒)
大塚店長=アリゴテ(白)
目黒店長=グラシアーノ(黒)
荻窪店長=カルメネール(黒)


個性的なぶどうばかりです。

白ぶどう、募集中です。

image

ほとんどの席が埋まり始める遅い時間、いつもの時間に男性も現れた。

入口付近のスタンディング席と、カウンターに一つ空きがある。常連客はスタンディング席に流れる傾向にあるが、今日は迷わずカウンターに向かった。

「こんばんは」

「おっす、生ちょうだい」

右手でレバーを引き、左手に持ったグラスに金色のビールが注がれ、白いクリーミーな泡で蓋をする。

「お待たせしました」

「はいよ」

ゴクゴクと一口で半分くらい飲み、一呼吸。ようやく忙しい一日が終わったみたいだ。

黒髪のナチュラルショート。健康的な小麦肌。一見すると無地のネイビースーツに見えるが、光の当たり具合で、光沢のあるストライプ柄が浮き出ている。

いつもと雰囲気が少しちがう。何か思い詰めて、寂しげな表情。

「なんか赤ちょうだい」

「どんな感じにしますか?」

「今日は任せるよ」

グラスは既に空になっている。

何を勧めようか

「今日さ、娘の誕生日なんだよね」

「…………」

何も言わずにセラーから一本のワインを取り出す。

そのボトルのラベルはキラキラしていて、テントウムシのイラストが描かれた可愛らしいデザイン。透き通った明るいルビー色のワイン。

「どうぞ」

「可愛いラベルだね」

ワインを口に含む

「飲みやすいね。美味しいよ、ありがとう」


事情は分からない

ただ女の子というイメージのワインを勧めずにはいられなかった。

男性はビールを飲んでいたときより、少し嬉しそうな表情で、じっと優しい目でボトルを眺めていた。


テントウムシは幸運を呼び込むということ・ワインは味だけでなく雰囲気で飲むこともできる


伝えようとしたが、

その必要はなさそうだ

image



ブドウ シリーズ

先日、東十条店のブログで

「ビールについて本気出して考えてみた」

こんな記事が
(最後の一文まで読んでください)

はっ

これ書いた人「ビール泡なしで」って注文するんですよ。単純にせこいか、面倒なチンピラ。

そんな人がビールを本気で考えた結果

マリアージュとは

「洗い流す」「ウォッシュ」
「かき消す」「お茶代わり」

終いには

「見つからなかった」

本気出しても見つからない

はっ

そもそもマリアージュとは

フランス語で

mariage
1 結婚。婚姻。婚礼。
2 飲み物と料理の組み合わせが良いこと。特に、ワインと料理の組み合わせについて

この人、結婚を洗い流すって言ってますよね。人間関係、何か不都合があれば、きっと今まで綺麗さっぱり洗い流してきたか、揉み消してきたのでしょう。

このマリアージュという美しくロマンティックな表現は、本来、ワインと料理が同調、相乗効果をもたらし、香りや旨味が増して、美味しいと本能的に反応することがポイントなはずです。

寄り添おうよ

それでは簡潔に少しだけ。

あえてね、

【ビール・ペアリング】と言いましょう

【サッポロ黒ラベル】
【vivo daily stand全店使用中】
1977年の発売以来「生のうまさ」にこだわり続けてきたロングセラーブランド。麦のうまみがあって飲みごたえがあるのに、爽やかな後味。何杯飲んでも飲み飽きないうまさは、どんな料理にも相性抜群です。

image


vivoのどんなデリにも合います。本当です。毎日飲めます、丁度良い。これぞデイリーに相応しい、その星に嘘はない。


image


あのね、理屈おかしいよ。

サッポロさんがね
枝豆、合うよ!って
実際合うでしょ、大体昔から気軽に食べられてるお馴染みのおつまみ達って、何かしら効果があるから食べられてるんだよね。

image


"枝豆はアルコール分解に有用! 枝豆は、ビタミンやカルシウム、食物繊維などの栄養が豊富な上、ビタミンB1やメチオニンがアルコールの分解を促して肝臓の負担を減らします。 "

枝豆ですら大人になってるよ

みんなも大人になろうよ

学生飲み、カッコ悪いよ

ただ、水のように、お茶代わりに飲んでるんだったら、全国のビール屋さんに失礼だよね。しっかり味覚使おうよ。だから君達はいつも酒にのまれるんだよ。だらしないよ。

「ビールをおもしろくすることで、 見えてくる未来がある」

できれば読んでください。ビール屋さんのパッション感じます。

【タップマルシェ クラフトビール 】
【vivo daily stand中野本店のみ】

キリンの小型サーバ「タップマルシェ」クラフトビールは現在、vivo daily standは中野本店のみ取り扱っています。基本的に常時3種類以上。

【アフターダーク
×ビーボのチーズケーキ】

image


image


スタイル:ブラックラガー
ラテのようなふくよかさと澄んだ飲み口の、異次元の濃色ビール。柔らかな甘味と上質な苦味を引き出し、味のふくよかさと飲みやすさを兼ね備える。

このペアリング、よいです。
ビーボのブラックペッパーが効いたチーズケーキ、アフターダークの酸味と苦味が、最後まで残るブラックペッパーの風味に絶妙に合っちゃってます。これ、セットで売りたいですね。「ビール×ケーキセット」もうね、キリンさんのパッション感じちゃいますね、クラフトビール。


ビール・ペアリングの基礎として

・ビールとそのビールの国の料理と合わせる。(日本のビール×オールジャパン

・味が軽いものに軽いビール、濃いものに濃いビール(同じ色×色で合わせても大体OK)

・基本的に料理にある基本の味とビールにある基本の味を合わせる。レモンを絞った料理には柑橘系の香りがするビール(キリンクラフトビール496など)

など。

ビールを美味しく飲む為には、

プハーッ

と、のどごしだけじゃないんだぜ!

こんな方法もあるよ!

さあ、


今日も

とりあえずビール!






泡なしで!!

サッカー日本代表勝ちましたね。
ええ試合でした。
嘘です、普通の試合でした。
ひとつ前のブログで店長もニュージーランドの話してましたね。ワインのお話。
そっちの方が内容あるんで見てみてね。


https://goo.gl/3FyGk8

--------------------------------------
中野店
淹れたてコーヒーでほっと一息どうぞ☕

ホットコーヒー 400(432)
アイスコーヒー 400(432)
---------------------------------------


【vivo daily stand】

【中野店menu】

【access】

vivo daily stand 中野店
中野区中野3-35-6
tel:03-5888-5476
hours:17時-26時 年中無休

山の澄んだ空気、パノラマに広がる緑色の景色、畑の土、芝生が入り交じった香り。周辺には山羊やニワトリに、子供達が餌をあげている最中だ。


今日は都心の生活では味わうことの出来ない体験を楽しみにやってきた。東京から車で約六十分、神奈川県伊勢原市、日曜日、時刻は十三時、風速二メートル、晴天。一週間ほど前に、友達から誘いがあった。【野外レストラン】夏が終わり、十月上旬の涼やかな季節に、これほど魅力的なイベントはないだろう。断る理由などない。


「お飲み物はこちらからお願いしまーす」ぞろぞろとドリンクコーナーに人が集まり、各々が順番に注文している。


「ソーヴィニョンブラン!!」


前方から男の声が聞こえてきた。


「お」思わず声に出る。


豊富に白ワインの種類があるみたいだが、迷わずソーヴィニョンブランをお願いする。山と畑、動物に囲まれ、簡易テーブルに豪華なアンティパストが並ぶ。そしてワイングラスを片手に芝生を踏みしめているのは変な感じだ。


スッと香りを嗅ぐ、強烈な青草やハーブ、他のブドウとは明らかに異なる強い香り。一度体験すれば二度と忘れることはない。この明るい緑色のワインは、芳香性が高いことが特徴だ。同じ個性的な香りを持つ、フレッシュなシェーヴルチーズなら、爽やかな酸味も同調し、相性が良いはずだ。目の前の山羊を眺めながら。少し後ろめたい。


今見える風景をそのままワインにしたようなもの。言い過ぎではないだろう。自然に囲まれて飲むソーヴィニョン・ブランは格別に美味しいと確信する。真夏にテラスで飲む雰囲気も捨てがたい。この場でこんなことを考えるのは自分くらいか。


まだ、飲まずにイメージを膨らませている。気付けば、周りは賑やかに飲み始めていた。グラスに口をつけようとした瞬間、いつの間にか、「ソーヴィニョン・ブラン!」と叫んでいた男が隣に居る。


「何飲んでんの?」


「白ワイン」


初対面で馴れ馴れしい人は苦手だ。


「ブドウは?」


「ソーヴィニョン・ブランです」


「お、一緒じゃん」


ナンパだろうか。


面倒だ、ゆっくり飲みたい。


男は山羊を指差しながら


「山羊には悪いけど、この酸味と香り、シェーブルか魚介に合わせたいね。もしくはあの畑の採れたて野菜でも」


「お」

image


ソーヴィニヨン・ブランの語源はフランス語の「ソヴァージュ(野生的な)」から来たと言われ、早熟で樹勢の強いブドウです。


青々しい風味は、未熟時と、完熟時で大きく味わいが異なるのが特徴的で、未熟時は草っぽい青臭さを特に強く感じますが、熟すとトロピカルな風味に変わります。


前者はフランス、ボルドーに多く、後者はニュージーランド、南島マルボーロ。ニュージランドのソーヴィニョンはトロピカルな夏のイメージ。これから寒い季節は、上品なボルドー・ブランをお勧めします。


金曜の夜、ソーヴィニョン・ブランで今年の夏の思い出を、おつまみにいかがでしょうか。


vivo daily stand全店


今月からシェーブルはじめました。






ブドウシリーズ

【シャルドネ】

【オレンジワイン】

↑このページのトップヘ